スキャンスナップ 紙詰まり 重送

スキャンスナップで紙詰まり・重送しやすい紙やページはこれ!

スキャンスナップで紙詰まり・重送しやすい紙やページはこれ!

 

  「重送・紙詰まりしやすい紙やページ」のまとめ

 

       中綴じの糊づけハガキは要チェック
       薄い紙も重送になりやすい
       紙と紙が離れた状態になるよう準備しておくと大きく改善します

 

 

中綴じでハガキなどが糊づけされているタイプ

スキャンスナップで紙詰まり・重送しやすい紙やページのタイプって実は存在します。薄い紙質のものや、中綴じでハガキなどが糊づけされているページなどがその代表例です

 

まず。雑誌などで、本来の綴じとは別に、糊づけされているハガキなどがありますよね。

 

あれ、裁断時に見落としてしまったり、糊づけによって、より深い位置での裁断が必要だったりと、結果的に、切り残しになってしまうことが多く起ります。

 

 

紙詰まり 中綴じ スキャン 紙詰まり ハガキ

 

 

このようなケースは、まず間違いなく重送や原稿ジャムになりますので、スキャン前にしっかりチェックして切り離しておく必要ありです。

 

後、結構見落としがちなのが、表紙の次のページの部分が強く糊づけされているケース。これも見落としがちなんで要チェックです。

 

薄い紙の場合は、全般的にページ同士がくっつきやすい

薄い紙の場合は、ページ同士がくっつき合ってしまうことで重送がおこり易くなります。切り残しとは違うので、予想外の自動停止・・・という感覚です。

 

ツルツルのものや、ザラザラのものなど紙質にあまり関係なく全般的に発生するので、パラパラと指によるページ送り作業をしておく必要があります。

 

指によるページ送り作業の記事を参考に対策してみてください。特に薄い紙の場合、紙詰まり状態になると、結構クシャクシャになる時もあるので要注意です^^

 

 

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A