PK-513LN-A 裁断機 口コミレビュー

裁断機PK-513LN-Aの口コミレビューを斬る

裁断機PK-513LN-Aのいろんなご意見に対して率直な感想など

裁断機PK-513LN-Aに関する様々な内容の口コミやレビューを見かけます。

 

実際に購入して実際に利用された方々の声なので非常に参考になります。ただ、基本的には初めて裁断機を手にした状態、または以前持っていて新たに買い替えた感じであり、結局、その裁断機しか知らない、又は、良くて2つの裁断機を体験している状態・・・なんですよね。

 

このサイトを訪問していただいたあなたには、より現実的な判断の目安となるコンテンツを読んでいただきたいと思いますので、様々な口コミレビューで語られている内容に対し、6機種以上の裁断機を実際に体験してきた管理人のリアルな口コミ、さらなる感想を付け加えてみようと思います。

 

PK-513LN-Aの導入を検討されている方々が、よりいい感じで選択の判断ができる助けになれば良いなと思います。

 

 

価格だけを見ると高く感じてしまう

単純に価格が高い・・・そういった口コはよく見かけます。プラス社の裁断機の場合、ただでさえ精度の高い裁断が可能になりますが、PK-513LN-Aは、さらに寸法精度が向上しています。なので、精度にこだわりたい場合は、PK-513LN-Aシリーズを選択することが最善の選択になるでしょう。

 

そこそこの裁断が可能になればOKということであればPK-513LNを選択する必然性は出てきませんが、高い裁断性能と精度、圧倒的に安全な替刃交換作業、裁断ポイントの目安が照射されたりハンドル部の使い勝手の良さなど高い品質を享受しつつ、信頼のアフターサービスで安心して長期的な利用ができることなどを望むのであれば、PK-513LN-Aシリーズを選択することは非常に現実的、且つ、堅実な判断となると思います。

 

 

ハンドルを下げた時に力が入り過ぎると台座が持ち上がってしまう

複数の裁断機を所有して愛用してる実体験からお伝えすると、台座が持ち上がるという口コミレビューに関しては、他の機種でも起こる現象であると言えます。ディスクカッター以外の、いわゆる、書籍の電子化向けの大型裁断機では、全機種にて起こります。

 

作業台に固定するようなタイプでは発生しませんが、卓上型の裁断機なので致し方ない要因と言えます。6機種以上を実際に使ってきた管理人からの本音の口コミです。

 

 

顔を近づけないとLEDのカットライン照射が見づらい

確かに裁断時にLED照射によるカットラインは、覗き込むようにして確かめる必要はありですね。これも口コミやレビューで見かける通りです。ただ、そこまで大きな負担を感じないというのと、他の中国製の裁断機なども、カットラインを調整して決定する際は、それなりに神経を使いますので、結局、頭を下げて覗き込むような姿勢になっていることが多いです。

 

プラス社のLED照射によるカットライン表示機能だけでなく、他の裁断機を使っていても同じようなことが起こります。ディスクカッタータイプでも、顔を近づけて裁断位置の調整を行っています。

 

ただ、多くの口コミはPK-513シリーズのものが多いのも事実です。実際、PK-513LN-AシリーズのLEDは、以前のモデルよりも強く照射されるようになっています。実際に真横に両機を設置して比べれば明らかですが、クッキリと表示されますので確実に見やすくなっています。

 

固定ガイドは、気を付けないとまっすぐセットされない

確かにそうですよね。ただ、プラスチック製のガイドは、しょせんは、書籍類をある程度固定するくらいしかできません。なので、私自身はそこまでガイドにピシッと固定してもらおうとは考えず、左手を添えるような形で押さえるようにしています。

 

ただ、メーカーの開発担当者さんへのインタビューで、PK-513LN-Aのシリーズはガイドスケールの寸法精度も上昇していることが判明しました。これまでのモデル、他の自炊目的の裁断機と比べ、最も寸法精度が高い状態になっていることは注目すべきリアルな口コミと捉えるべきでしょう。

 

簡単替刃ということなので期待!

簡単替刃の機能に期待という口コミレビューを見かけましたが、これ、とてつもなく楽です!実際に刃の交換を既に実施しましたが、拍子抜けする程安全で簡単な交換作業が実現します。PK-513LN-Aシリーズの替刃交換の様子を動画におさめ公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

取り外しから取付までの一連の交換作業、慣れれば10分かからずに終えることができるはずです。

 

 

厚めの雑誌でもスムーズに切れます

1センチ程度の書籍であればPK-513LN-Aの場合、非常に高い精度で裁断することが可能です。1.5センチ程度が最大で、それくらいの厚さのものを裁断したことがありますが、切れるには切れました。精度も特に問題なかったです。

 

ただ、キャパのギリギリで作業するより、若干余裕のある範囲で作業すると仕上がりの良さも伴うことは意識しておくと良いかもです。

 

 

最上部に紙押さえの跡が残る時があります

これもよくある口コミですね。私自身はプラス社の裁断機で跡が残った状況になったことはないですが、中国製のものでは何度も遭遇しています。なので、どういう状況なのかは、凄く理解できます。

 

ただ、私の場合は、自炊してしまうとそこまで気にならないです。最上部に別の紙などを噛ませてみるなどしてみれば、ほぼ気にならない状態になると思います。

 

 

本の上と下の部分では、切ったポイントがずれます

書籍は、背表紙で綴じられている構造なので、ほぼ間違いなくずれます。これは、どんな裁断機でも発生してしまうでしょう。電動などの圧倒的に強力な動力でズバーっと裁断すればずれが生じないかもしれませんが、自炊に利用する手動のものでは、ズレが生じないことはあり得ないと考えた方が良いです。

 

本の下に薄いゴムなどを設置すれば若干はズレにくくはなるという口コミやレビューを見かけますが、根本的には解消されません。本という綴じた状態であるものを切ることにより生じる現象だからです。特に古い本などは、既に平行四辺形のような形に変貌してしまっていることがほとんどですし、新品であっても、書籍というものは、それほど正確な状態ではないことが多いです。

 

これによる弊害を解消するためには2度切りすることしかないでしょう。1度目のカットで綴じられている状態を解消し2度目のカットで整えるという手順を踏めば、PK-513LN-Aのような裁断精度の高い裁断機であれば、非常に高い品質にて仕上がります。

 

 

紙質で切れ味が変わる感じします

厚みも関係しますが、同時に、紙の質も影響します。紙の質はさまざまですので、単なる枚数で決められるものではなく、その質も大きな影響を及ぼします。

 

 

LEDカットラインの電源を消し忘れるケースあり・・・。

これはありますね。私自身も、未だに、あー忘れてたーってなる事が何度かあります。これ、何かの簡単な仕組みで自然に切れてくれたりすると良いのですが、その分、価格が上がるくらいなら自分で気をつけた方がいいなーって結論に至りました。

 

 

  【Amazon.co.jp限定カラー】 PLUS かんたん替刃交換 断裁機 (裁断幅A4) 26-001 PK-513LN-A PK-513LN-A  PK-513LNホワイト