カールDC-210N 使い方

カールDC-210Nの使い方〜裁断の様子

カールDC-210Nの使い方〜裁断の様子

 

  「カールDC-210Nの使い方」のまとめ

 

       あらかしめ本はカッター等で分割しておく
       裁断位置を間近で確認できるので正確な裁断がしやすい
       数回、ハンドルをスライドさせて裁断完了
       キレ味は鋭く申し分なし

 

 

カールディスクカッターDC-210Nの裁断作業をお伝えします

カールDC-210Nの使い方をお伝えすべく、裁断の様子を順を追って見てみましょう^^ (→「カール DC-210Nの使い方〜裁断の様子 動画編」はこちら

 

まず紙コンテンツをセットする作業からスタートします。正直、この作業がかなり大事ですね。いかに正確に本をセットできるかで、裁断位置が決まりますし、結果、裁断の仕上がりが変わってきます!

 

 

カールディスクカッターDC-210Nの使い方 カールディスクカッターDC-210Nの裁断作業

 

本って、一見、ピッシリとしているように見えますが、実はかなりクセがあって、使い込めば使い込むほどいびつになっていってるんですよね。なので、その辺りの本自体のクセも考えながらセットを行う必要があります。

 

その上で、最終的にもっとも気を配るべきはどこを裁断するかです!

 

カールディスクカッターDC-210Nのカットラインは、ちょうど黄色い蛍光色で目立つ部分のすぐ横です。 どのくらいまで切り落すかを、この段階でしっかり決定するわけです。

 

 

カールディスクカッターDC-210N カットライン調整 カールディスクカッターDC-210N 断裁

 

裁断位置を決定できたら、右上の画像の赤点線の部分の「ハンドル」を向こうへ倒し込んで、紙押さえを作動させ、本を固定します。これで裁断準備が完了しました。 では、早速実際に裁断していきます。

 

 

カールディスクカッターDC-210N 裁断 カールディスクカッターDC-210Nの裁断作業

 

スライダーが上下に動くようになっています。この部分に刃が設置されているので、スライドさせることで、ディスクタイプのカッター刃が本をスパッと裁断するわけです。

 

スライダ―を上下させる回数は、書籍の厚さや紙質などから判断します。画像内の書籍は、50ページ前後の小冊子程度のものなので、1往復程度で裁断できています。(動画では、念のため2往復させていますが・・・^^;)

 

仕上がりは、正直、かなり良いです!コンパクトタイプなので、裁断位置を間近かで確認しながら調整できるので、裁断自体はかなり高い質を実現できます!

 

 

カール ディスクカッター DC-210N 在庫確認・注文はこちら←