PK-513L 使い方

PK-513Lの使い方〜裁断の様子

PK-513Lの使い方〜裁断の様子

 

  PK-513Lの使い方

 

       LEDカットライン表示を目安に裁断位置を決める
       ガイド等で本のポジションを固定
       ハンドルロックを解除して裁断
       作業は1人で・・・これが安全な作業の基本です!

 

 

PK-513Lの使い方は、正直、簡単です。特に説明などを受けずとも、直観的に使えてしまう方も多いかとは思いますが、一通り、画像を使いながらお伝えしてみます。(→「PK-513Lの使い方〜裁断の様子 動画編」はこちら

 

今回断裁する書籍はコレ。大体の寸法が約21センチ×約15センチで、まあ、よくあるサイズの本ですよね。まず、裁断位置の調整です。LEDの赤い光でカットラインを表示してくれますが、それだけでカットラインを決定するのはちょっと難しいです。

 

 

 

やはり盤面の目盛を活用します。同時に、LEDのカットライン表示も併用しながら、断裁位置を決定していきます。本をセットする前に、どのあたりを裁断したいのか、よく本をチェックしておくとベターです^^

 

裁断位置が決まったら、移動ガイドを動かしてセットします。この状態を、裁断機構部分の側、つまり裏側からみるとこんな感じになります。(右下の画像)

 

 

 

ここからハンドルを下に下げていって、断裁を完了させます。実際に裁断へと移るべく、ハンドルロックを解除。

 

 

 

ハンドルを下に下ろして裁断を行います。最後はちょっと力を加える感じになります。特に今回は最大裁断能力の1.5センチギリギリの本だったので、結構、力をかけました。

 

本を断裁し終わり、刃が受け木にまで到達すると、「ブン」とか「プツンッ」という音が聞こえますという一連の流れを経て、本の裁断が完了します。

 

正直、PK-513Lでの裁断はとても簡単だと思います。

 

切れ味もかなり良いですし、裁断の経験が増えていけば目安ができあがってきて、本のサイズによって、どの位置に本を配置すればよいかなど、それぞれのオリジナルなスタンダードなども決まってくると思いますよ^^

 

 

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106